お気に入りを見る
  • facebook
  • instagram
  • instagram

ホーム > 記事 > ログハウス > 【地球と暮らす】現代ログハウスの魅力

【地球と暮らす】現代ログハウスの魅力

ログハウスと聞いて想像されるのが某アルプスの少女のお家という方は未だ多いのではないでしょうか。

以前では別荘としてのセカンドハウス、ペンションやレストランなどの商業施設店舗として建てられることの多かったログハウスですが、近年では生活の拠点である自宅としてログハウスを選ぶ方が増えているようです。

なぜ今の時代にログハウス?その理由となっている現代ログハウスの魅力を考察してみます。

 

都会の街並みにもマッチする高いデザイン性

壮大な山々を望むログハウス、高台の上の海を見下ろすログハウス…頭に浮かぶログハウス像と今現在自分の暮らしている街はなかなか合致しませんでした。しかし現代ログハウスのデザインは、頭にあったログハウス像とは大きく変わって進化していました。現代ログハウス情報を更新した頭の中では、びっくりするほどすんなりとマッチングしたのでした。

外観デザイン

ログハウスというと高原や別荘地など自然の中というロケーションがイメージされやすく、実際に似合いますよね。ですが近年ログハウスは、使用する建材や構法によって住宅地にも溶け込みやすいデザインにすることが可能であり、総二階建てのログハウスや混構造のログハウスなど実際に多くの方が街中にログハウスを建築されています。一般住宅地へのログハウス住宅建築を希望される方は、年々増えているそうです。

現代ログハウスは、街並みにも合うおしゃれなデザインのものがたくさんありました。

建築基準法の改正やログハウスの耐火性能の認知等ログハウスに関する制約が大幅に緩和されたことも大きいようです。ログハウスでは無理だとされていた設計も可能になったことが増えたことで、様々なプランの可能性が広がっています。ライフスタイルが多様化してきている現代社会という背景にもマッチしていますね。

天然木をふんだんに使って建てるログハウスには、一つとして同じ顔はありません。だからこそオリジナリティも高まり、オンリーワンのデザインを演出することが可能となるのです。自宅に個性を反映できるというのは、まさに一つの夢を現実にかたちにできるという素敵な魅力だと思います。

内装デザイン

間取り設計においても、制約となる土地と建物の関係は建築基準法に従わなければならない項目もありますが、これは一般住宅であっても同様のことです。それ以外の制約は基本的に無いといっても過言ではないとのこと。

現代ログハウスでは、いろいろな知恵やアイデアを駆使して自身のライフスタイルに合わせた世界に一つだけの家を創造することも可能です。

我が家への愛着も一層深まることでしょう。

従来ログハウスは特殊な建築物であるという概念で、漠然と住み心地がよくないのでは…と考えてしまう方も未だ少なくないかもしれません。一見してログハウスには大理石のテーブルなどの高級家具は似合わず、ワイルドタイプの椅子や机などの家具が似合うというような感覚を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

現代ログハウスには一般的な家具はもちろんのこと高級家具も高級絨毯も違和感なく溶け込んでいます。個々のライフスタイルに合ってさえいれば、合致させることは決して難しいことではないのですね。

もちろん、木の香りと温もりに包まれて心地よい安らぎを与えてくれるというログハウス元来の魅力が活かされている点は、変わらずに健在です。

 

ログ材の持つ建築資材としての優位性

木が持つ力

ログハウスは空気を閉じ込めずに、木の呼吸により自然な換気を行います。木が呼吸することによって、室内の快適性が保たれます。

また木材の断熱性能は、鉄筋やコンクリートに比べてはるかに高いそうです。木材自身の保湿効果や蓄熱率が高いことが助けとなって、ログハウス内の空気は一度暖まったら冷めにくく、真冬でも少しの暖房で寒さは感じないといいます。

また断熱性能が高く冬に暖かく過ごせるということは、逆に夏には比較的涼しく過ごせるということです。

木が持つやさしさ

ログハウスは原則的にすべてが天然素材で建てられていると考えられるので、シックハウスの原因となるホルムアルデヒド等の有害物質が発生しにくい健康的な建築物の代表例ともされています。

そういったシックハウス対策や近年の耐火ログの普及、住まれる方にも環境にもやさしいというところもまた住宅として取り入れたいと思われる魅力の一つでしょう。「家族の健康を第一に考えて」、「環境問題から自然との共存を考えて」といった理由がログハウス住宅建築を希望される方々に多いようです。

こういった周囲の人にも環境にもやさしい生活を持続的に続けていくことの大切さを考えるという点は、近年広まっているロハス思考と重なる部分があるようにも感じられます。

 

これらは現代ログハウスの魅力の一部に過ぎません。

それこそ現代ログハウスには、個々のライフスタイルに沿った魅力が見つかる可能性が大きく広がっているのでしょう。

Top